連続講座第2回終了

Blog カナリヤの声

ご支援ありがとうございました。11月7日の講演会は、京都府下全域にインフル警報発令が出た翌日でしたが、秋日和に恵まれて60名が集い無事に終了しました。当日は、特別ゲストを迎え下記のプログラムで進行しました。 詳細内容は追ってホームページに掲載いたします。11月7日(土)プログラム13時30分 開会宣言 主催者 挨拶13時35分 講演 「化学汚染から身を守る」~公害・薬害は なぜ繰り返されるのか~ 津田 敏秀 さん (岡山大学大学院環境学研究科 教授) 14時30分 講演1部終了 (休憩10分)14時40分 ゲストスピーチ「タバコフリー社会に舵をきれ」~受動喫煙の危険~   繁田 正子 さん (京都府立医科大学医学研究科 講師)15時 講演2部 津田先生15時50分   質疑応答16時10分 連絡事項 ネットワーク団体の紹介 16時15分 終了 主催者挨拶 <参考図書の紹介>☆『医学者は公害事件で何をしてきたのか 』 岩波書店 津田 敏秀 (著) ☆『市民のための疫学入門―医学ニュースから環境裁判まで』 津田 敏秀 (著) 緑風出版☆『悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実 』 日経BP社ASH(ACTION ON SMOKE AND HEALTH) (著), 津田 敏秀 (翻訳), 切明 義孝 (翻訳), 上野 陽子 (翻訳) ☆『現代たばこ戦争 』(岩波新書)  伊佐山 芳郎 (著) ☆『数字に弱いあなたの驚くほど危険な生活―病院や裁判で統計にだまされないために』ゲルト ギーゲレンツァー (著), Gerd Gigerenzer (原著), 吉田 利子 (翻訳) 早川書房☆『平気でうそをつく人たちー虚偽と邪悪の心理学』 草思社 スコット・ペック(著)☆『ロスマンの疫学―科学的思考への誘い 』 篠原出版新社 Kenneth J. Rothman (著), 矢野 栄二 (翻訳), 橋本 英樹 (翻訳) ☆『カントの人間学』 中島義道(訳) 講談社現代新書