カナリヤが生息できる社会に

Blog カナリヤの声

 一筋の光に希望を託して 冷え込みが厳しい年の瀬となりました。会員の皆様、ご支援を戴いています皆様には、新年の準備に慌ただしくお過ごしのことと存じます。昨年末の会報2号では、京都カナリヤ会の象徴として決定しましたシンボルマークを紹介し、「宇宙に浮かぶ地球上で凛として生息するカナリヤ」 とご案内しました。表紙の 「カナリヤが見守る雪の中のケミレスタウン」 は凍りつくような厳しい世相も一緒にイメージして 「社会・経済全体が厳しい時期にこそ変革が生まれる」 という希望も託して添えた願いは、今年半ばから、どん底の中にも歴史的な変革の年となりました。 失業率5.7%、求人倍率0.42倍、過去最悪を更新、政権交代、裁判員制度スタート、水俣病被害者救済法が成立、そして、化学物質過敏は中毒に分類 健保適用可能にという動きが始まりました。しかし厳しい経済情勢は変わらず化学障害者への本格的な保護・救済には程遠い実態があります。このような状況の中で、平成21年度 京都カナリヤ会の事業計画も遂行困難の事態を乗り越えて、市民レベルでの人の健康異状と環境の異常の問題発見を行政と研究者に繋ぐ新たなネットワークが拡がりました。 ご支援を戴きました皆様方にご報告を兼ね、年末にお届け予定の会報の発行が遅れて年明けとなりましたが、会報4号は活動報告と、そのご縁で戴きました特別寄稿並びに皆様からの声を編んでお届けいたします。 次年度計画も、健康被害者の保護と安心して呼吸できる生活環境を守るために、政権交代による環境行政に期待して、有害物質削減のための法制定に向けた取り組みに連動することが要と進めて参ります。皆様方の一層のご支援をお願い申し上げます。どうぞ良いお年をお迎え下さいますようご健勝をお祈りいたします。