京都新聞に掲載されました

Blog カナリヤの声

 会報5号を読んで下さった京都新聞社の記者の方から 、「室内空気質向上キャンペーン」について、お問い合わせをいただきました。 現代社会では、受動喫煙への理解は進んでいますが、化学物質によってひきおこされる健康被害の実態については、あまり知られておらず、説明が難しくなります。 今回は、下記の基準と研究結果をお知らせしつつ、2度目の取材を受けました。 1. WHOによる空気質のガイドライン2. 厚生労働省の揮発性有機化合物ガイドラインと室内濃度指針値3. 室内空気中の総揮発性有機化合物 (TVOC)に対する芳香剤・消臭剤の影響に関する研究 当会の相談役も、この内容を記事にするのは難しいと話していました。 ところが、7月9日(金)朝刊に掲載されたとご連絡をいただきました。ご支援に心から感謝いたします。