京都新聞に掲載されました。

Blog カナリヤの声

管理徹底、受動喫煙なし 京都カナリヤ会が4施設公表 受動喫煙を防ぐなどの配慮で「安息できるきれいな空気」も提供している京都市内の施設を、「京都カナリヤ会」(下京区)が推薦と現地調査を基に認定、4カ所の施設名を公表した。 ■店舗など民間が優勢 施設は、 ▽全室を禁煙にしている「京都ガーデンホテル」(中京区)▽喫茶・レストラン「リプトン三条本店」(同)▽地域住民が集う「まちの学び舎ハルハウス(北区)」▽中華料理店「美齢(めいりん)」(上京区)。 国立施設も1カ所選んだが、施設が公表を辞退した。  会に寄せられた情報を参考に公共施設など52カ所を会員が巡回し、喫煙所や、化学物質が多く含まれる洗面所の芳香剤の設置状況を調べた。多くの公共施設は分煙に取り組んでいたが、建物内の喫煙場所から煙が漏れる例が多く、店舗など民間施設の方が管理が徹底されていた。 選ばれた京都ガーデンホテルの宮川佳三専務は「とても光栄。今後も会の意見を参考にきれいな空気を目指し、利用者がくつろげる空間づくりにつなげたい」と話した。  推薦の募集は今後も続け、認定施設名を会のホームページに順次加える。京都カナリヤ会ファックス075(344)0465。 【 2011年01月06日 13時10分 】 京都新聞http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20110106000077