会員の皆様へ(2009年3月)

Blog カナリヤの声

奈良のお水とりの行事が終わると、桜の花が咲き初め、ようやく春らしい陽気になりました。 会員の皆様にはお変わりございませんか。京都カナリヤ会はおかげさまで設立一周年を迎えることができました。3月14日の総会では、一年間の活動と会計収支の報告に始まり、今年度の計画と会則の一部修正、役員の変更、相談役の委嘱などの提議について審議の上、承認されました。総会の後のセミナーは、事前予約で既に満席でしたが、更に当日参加者が加わって会場は満杯となり、盛況のうちに終えることができました。総会とセミナーのご案内は、昨年末にお送りしました会報に掲載しておりましたが、行き届かなくて、全員のご出席を頂けなかったのは残念でした。追って書面でお届けいたしますが、本年度の会の目標と役員の委嘱について、取り急ぎ、下記のようにお知らせ致します。今年度も参加とご支援をお願いいたします。<1>平成21年度 京都カナリヤ会の活動目標昨年の連続講座で学んだ内容を中心に、森千里教授からのメッセージの実現に向けて活動します。~未来世代の健康を守るために、 現代を生きる私たちにできることがある~ 化学物質による健康障害問題の根本的な対策として、 感受性の高い胎児や子ども、さらに成人でも感受性の 高い人を基準にした環境づくりが重要である。 そのためには、衣食住について生活の質の向上と社会全体で化学物質を削減する施策が必要である。 行政や市民団体と連携しながら進めて参ります。<2>相談役活動を支えて頂く専門家集団として、会の役員に準じる相談役をお願いしています。 soudanyaku.gif※但し、相談役は会の運営に関する相談役であり、会員個人の相談を受けるものでありません。


<事務局からのお知らせ>4月からは、ブログを新設し、会員の皆様への案内を随時、掲載します。会員の皆様からのお便りもお待ちしています。