師走も扇風機で

Blog カナリヤの声

あっという間に今年もあと2週間となりました。
会員と空気汚染弱者の方々の生活に思いを馳せつつ、情報発信も原稿保有のまま掲載できず疎かとなりお詫びします。
ブログライターのカナリヤは室内への空気汚染に加えて衝撃音の受難が続き、声も出せないほどの侵襲で避難を繰り返しました。
この1年も室内へ侵入するタバコ副流煙と揮発溶剤などの濃度は、測定により高い数値を記録し、急性、慢性症状の診断が出ても対処できず逃げるのみでした。師走も窓を開け扇風機を回し続けて手指にしもやけの年末を迎えています。
この間、同様のSOS受信を受けて実態調査に臨みましたので、機会があれば記録を発信します。
会報12号の原稿も出揃いました。まだ、間に合いますのでお待ちしています。
どうぞ、良いお年をお迎え下さいますよう、みなさまのご健勝とご多幸をお祈りいたします。
*侵襲 【シンシュウ】手術・けが・病気・検査などに伴う痛み、発熱・出血・ 中毒など、肉体の通常の状況を乱す外部からの刺激をいう。(デジタル大辞泉)