4月、さくらの名所探訪-1

Blog カナリヤの声

4月2日、京都御苑へ朝から快晴、春の陽気がまぶしくなりました。しかし、晴れの日は今日だけで、この後の一週間は菜種梅雨が続くとの天気予報を聴いて、4月初めの申請業務の合間に、花見と所内の空気質の査察を兼ねて回ることにしました。一昨日の下立売門と離れた北の乾門から入りました。御所の傍に広がる見事な桜の花と、しなやかで繊細な枝ぶりが醸す芸術のような日本の美に感嘆! P1200430御所桜.jpgP1200447御所桜.jpgP1200494御所桜.jpg何年もの時を経た歴史を語るような姿が心に染み入り暫し見入っていました。 それは、生きた日本画のようで、またモネの絵にも通じると感動しました。 P1200466御所桜.jpgP1200448御所桜.jpgP1200439御所桜.jpg 
平日でも春休みのこども連れ家族でにぎわい、桜の下の芝生で飲食しながら花見する人々は殆どが日本人のようでしたが、行き交う人の半数は外国人でした。 御苑内はタバコ臭もなく、直近で農薬を使用したような空気はなく、安心して呼吸できました。