農薬危害防止月間

Blog カナリヤの声

 平成27年度農薬危害防止運動の実施について 4月27日
農林水産省発
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/150424.html
農林水産省は厚生労働省、環境省等と共同で、
農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進する「農薬危害防止運動」を6月1日から8月31日までの3か月間にかけて実施すると発出しています。 農薬危害の実態に関して、 半農薬東京グループでは、この発出に先駆けて取り組み、農作物の残留農薬と非農薬系の殺虫剤、除草剤の使用実態を指摘しています。2015年度農薬危害防止運動関連の要望と質問
半農薬東京グループhttp://www5e.biglobe.ne.jp/~ladymine/kiji/yobo150406.txt 住宅地通知関連では、遅まきながら、今年の1月に相談窓口の設置が公表されました。さらに、年度末には、H25年度の国産農作物での農薬使用状況と残留農薬調査を公表されました。この1年間に、私たちが報道等で入手した農薬に関する犯罪を含む危害事例をまとめると、表1のようなものがありました。 国産農作物での残留基準違反や適用外使用も後を絶ちません。表3のような事例があり、回収措置などがとられましたが、既に多くの食品が消費されていました。