全館禁煙の京都ガーデンホテルにて

Blog カナリヤの声

 ようやく年度末の報告と今年度計画の案内を終えた日に、雨上がりの夕刻になってしまいましたが、京都ガーデンホテルへお花を見に立ち寄りました。御池通り西の室町通りを南に折れると見えたホテルの看板がない、、一瞬、京都市の景観条例に依りかと見回すと手前のビルの看板が目につきました。京都では希少の全館禁煙のホテルに当会もお世話になっています。 門前の通りで、偶々、社長に出会って挨拶中に、至近で喫煙の姿を見て「雨の日はタバコ臭が籠るから苦しいでしょ」と中華レストラン彩宴の窓前に咲いていたジャスミンの花の傍へ案内して下さいました。 園庭のお花もきれいに、彩宴の店内も今夜は貸切のテーブルセットで待機中でした。P1290569s.jpgP1290564s.jpgジャスミンの花に初めて出会いました。 日没後から開花を始め、時刻によって香りが変わるそうです。そういえば、湿度の高さと匂いや臭いが空気中に滞留する関連の論文を見たことがあります。またお知らせしますと伝えて、暫しジャスミンの香りを確かめながら、日常的に有害ガスに曝されていると安全無害の匂いには鈍麻なのかも知れないと、10年前に受けたトルエンとバニラによる嗅覚負荷テストの結果を思い起こしました。