会報17号を発行しました。

Blog カナリヤの声

 会の設立から9年目を迎えた夏に、やっと辿り着いた「毒性学」に学び、化学物質による健康障害について、「なぜ」そんなことが起きるのかを探る内容です。
そして、この10年、増え続ける死亡数とガンの多発につながる問題の特集としました。間もなくお手元に届く予定ですが、下記のとおり目次にてお知らせします。目次1.活動報告1.1事業報告書・計画書の送付 / 公共的施設巡回 / 交流団体への寄稿

/ 有害物質SOS受信1.2要望書提出2.特集 蓄積する複合汚染物質と見えない毒性―次世代へのリスク2.1.特別寄稿 「外因性化学物質を迎え撃つ生体側の戦略」 平成遠友夜学校校長 藤田正一 北海道大学名誉教授(医学博士 元 北大副学長) 
2.2.学習録1 「化学物質の生体侵入と代謝・解毒」 図解で復習 2.3.学習録2
「毒性学」 と 「毒は混合物の用量次第」における
「個体差」と「低用量毒性」2.4.
報 告
交流団体への寄稿「化学物質による健康障害について」3.ネットワーク便り3.1.
中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会 「設立から11年、被害は今後さらに深刻」全国組織へ3.2.「2016世界禁煙デー先進自治体の取り組み~紹介」 西宮禁煙推進グループ 斉藤 芳一3.3.
法然院森のセンター「善気山遊びの寺小屋」ほか案内 

 フィールドソサイエティー 3.4.「誰もタバコに苦しめられることのない世の中」の実現を思い描けて いるか
NPO京都禁煙推進研究会会員4.新たなシックハウスの問題4.1. 長期に亘る室内空気汚染と健康被害の実態 ―住宅・学校・職場は安全か4.2. 公害と私害による侵入室内空気汚染が人の命を奪う4.3. アスベストの飛散・侵入―あなたの周りにも危険が…
 これからのシックハウス問題4.4. 阻止したい スマートメーターの設置と電磁波について5. 有害物質SOS5.1.
マンション隣室からのタバコ煙3年で喘息とうつに 5.2.
隣のエコキュートと殺虫剤の被害で極限-受診できるところ教えて5.3.
ビル地下から噴き出すタバコ煙で咳、動悸、呼吸困難も
5.4.
近隣からの臭いで健康被害7年 6.  会員便り 6.1. 昨年春に悪性乳ガンと診断されました6.2.
がんの転移を克服した夫の喀血とその診断6.3.
大気汚染で長年の呼吸器障害に苦しみ、 消化器系にも異常が出始めたら大腸がん6.4.
隣室から侵入する空気汚染の長期被害 -タバコ副流煙との混合で胃痛~膵炎6.5.
学校へ行けなくなった子どもの受診先6.6.
隣家のシロアリ駆除剤-散布 7. 
化学物質問題8. 
タバコ問題9. 
震災/原発/放射能/電磁波問題10. 医療・社会問題11.
カナリヤの視点12.   戦乱のアフガンで人道支援~ 命と水と暮らしを守り続けた偉大な医師12.1. 「井戸を掘り~人と命と平和を構築」30年‐  アフガニスタンで活動を続ける医師 中村 哲 氏に学ぶ13. お知らせ