抗菌せっけんの販売禁止 米国

Blog カナリヤの声

AFPの記事より、2016年9月2日、アメリカ食品医薬品局FDAは、抗菌(薬用)せっけんについて販売を禁止しました。(EUも昨年5月に抗菌せっけんの販売を禁止しています)FDAは、抗菌せっけんが通常のせっけんと比べて優れた殺菌効果があるとは言えず、健康に悪影響を及ぼすリスクがあると警告しています。そして、「通常の石鹸と流水で洗うことは疾病を予防し、感染拡大を防ぐ上で最も効果的な方法の一つだ」と述べています。日常的に除菌剤や消毒剤に曝され続けて過敏性を獲得した人には、瞬時に眼や喉が痛くなり頭痛を引き起こす成分の毒性が証明されたのです。当会には、これまで学校や職場、住宅近隣からの除菌剤や消毒剤で農薬と同じような健康被害のSOSが届いていますが、主に揮発・飛散時の吸入による眼や呼吸器の粘膜損傷の痛みに始まる内部炎症を被っている要因が理解できます。今回、FDAが指摘しているのは、19種類の殺菌剤を含有する抗菌せっけんや液体せっけんを対象として、皮膚や目の粘膜から生体内に影響する19種類の殺菌剤のうち、トリクロサンとトリクロカルバンは免疫系に打撃を与える恐れがあるという内容です。日本でも殺菌作用の効能を示す薬用石鹸やうがい薬、歯磨き剤、手の消毒剤、除菌剤、さらに、防腐剤・抗菌剤として化粧品類にも添加されて広く使用されています。すでに発症している人は避ける類ですが、購入時には成分表示を確認しましょう。参考: 環境省 化学物質審査規制法 第三種監視化学物質http://www.env.go.jp/chemi/kagaku/kisei/3kanshi.html
AFPの記事は下記のとおりです。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000017-jij_afp-int 「効果の科学的証拠なし」、抗菌せっけんの販売禁止米国2016年 9月4日(日)13時31分配信 AFP=時事 【翻訳編集】 AFPBB News【AFP=時事】米食品医薬品局(FDA)は2日、19種類の殺菌剤を含有する抗菌せっけんなどの販売を禁止すると発表した。通常のせっけんと比べて優れた殺菌効果があるとは言えず、健康に悪影響を及ぼすリスクがあると警告している。 19種類の殺菌剤のうちトリクロサンとトリクロカルバンは抗菌効果をうたう固形せっけんや液体せっけんに広く使用されているが、免疫系に打撃を与える恐れがあるという。 FDA医薬品部のジャネット・ウッドコック(Janet Woodcock)氏は、「抗菌せっけんには細菌増殖を防ぐ効果があると消費者は考えているかも知れないが、通常のせっけんと水で洗うよりも有効であることを裏付ける科学的根拠はない」と明言した。その上で「殺菌剤が長期的には益より害になる可能性を示したデータもある」と説明した。 今回の販売禁止対象には、病院などの医療機関で使用されている手の消毒薬などは含まれていない。抗菌せっけんのメーカーには1年以内の対応が義務付けられるが、問題となった殺菌剤の使用をやめる動きも既に始まっている。 FDAは「通常の石鹸と流水で洗うことは疾病を予防し、感染拡大を防ぐ上で最も効果的な方法の一つだ」と述べた。また、石鹸と水がない場合には、アルコール濃度が60%以上の消毒薬を使ってもよいと付け加えた。【翻訳編集】 AFPBB News