受動喫煙による肺がんリスク「確実」へ

Blog カナリヤの声

国立がん研究センターホーム > プレスリリース >よりhttp://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160831.html
受動喫煙による日本人の肺がんリスク約1.3倍

肺がんリスク評価「ほぼ確実」から「確実」へ2016年8月31日 国立研究開発法人国立がん研究センター国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜斉、所在地:東京都中央区)がん対策情報センター(センター長:若尾文彦)は、日本人の非喫煙者を対象とした受動喫煙と肺がんとの関連について、複数の論文を統合、解析するメタアナリシス研究の結果が公表されたことをご報告します。本研究では、受動喫煙のある人はない人に比べて肺がんになるリスクが約1.3倍で、国際的なメタアナリシスの結果と同様であることが示されました。
受動喫煙 リスク「確実」 肺がん発症1.3倍 2016年8月31日 毎日新聞より国立がん研究センターは31日、たばこを吸わない日本人の受動喫煙による肺がんのリスクは、受動喫煙のない人に比べて約1.3倍高いとの解析結果を発表した。これを踏まえ、同センターは肺がんに対する受動喫煙のリスク評価を「ほぼ確実」から、全がんに対する飲酒や喫煙、肝がんに対する肝炎ウイルスなどと同じ「確実」に格上げした。 他人のたばこの煙を吸う受動喫煙は、循環器や呼吸器の病気、乳幼児突然死症候群にも影響することが分かっている。同センターの片野田耕太・がん登録統計室長は「世界の49カ国が公共の場所の屋内を全面禁煙にしており、日本でも屋内の喫煙を禁止する法制化が必要だ」と指摘する。(一部抜粋転載 http://mainichi.jp/articles/20160831/k00/00m/040/141000c)