紅葉と桜の花が見頃の須磨浦公園へ

Blog カナリヤの声

紅葉と同時に桜が咲くという神戸市立須磨離宮公園に案内していただきました。神戸・三宮から普通電車で月見山で下車して徒歩10分、高速道路の下の大きな通りの上に交差している陸橋を渡って公園正門に着きました。須磨離宮公園S.jpg須磨離宮公園噴水S.jpg大阪湾を望む丘陵地にある景勝地とあって、 正門から、また、坂道、階段を経て、
ようやく、紅葉と桜の花が並んでいる景観に辿り着いて暫し見入りました。桜は白い可憐な半八重の花で、10月桜と掲示されていました。P1350104S.jpgP1350162S.jpg公園内の紅葉は、錦に染まる紅葉の並木道から、みどり滝、花の庭園、和庭園、もみじ道へと続いていました。P1350163S.jpgP1350157S.jpgP1350109S.jpgP1350120S.jpgP1350143S.jpg植物園から噴水広場まで広大な敷地の一部を回っただけで2時間、 平日で来園者も少なく、タバコ煙にも遭わず、 素晴らしい景観と安息空間を堪能できました。
P1350161S.jpgP1350146S.jpgよく歩いたので帰路の途中で遅い昼食にしようと入ったレストランンもタバコや除菌剤などの臭気は感知せず快適に過ごせたのは、兵庫県の「受動喫煙の防止等に関する条例」が公共的施設には反映しているのでしょうか。。須磨浦公園駅まで歩く途中の須磨寺に立ち寄りました。帰りはもう日暮れ近くになって残念でしたが、もう一度、訪ねてみたいと思います。