今年も支援の寄付金を戴きました

Blog カナリヤの声

ノートルダム教育修道女会から、支援の寄付金が授与されました。設立以来、子どもたちが健全に生まれ育つ生活環境保全の啓発活動を目指す当会に、今年もご支援のお知らせを戴きました。多難で打ちひしがれて窮地の時も言葉に言い尽くせないほどの安堵と感謝感激の年の瀬を迎えることができました。 授与の日には、お礼と共に下記のような報告をさせていただきました。クリスマスリース.jpg 会員、世話人共に更に活動困難の状況が続き、今年度の計画も未達ですが、私たちが10年近く伝えて参りましたタバコと農薬の危険性が、今、高齢者と子どもたちに発現している現実に向き合い、これを機会に新たな出発を予定いたしております。 
 戴きましたご恵与は、社会的にも認知され難く現代医学では治癒不可能な有害化学物質による健康被害について、更なる予防啓発に向け大切に活用させて頂きます。今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 (授与の日に迎えてくださった見事な手作りのクリスマスリース)