農薬危害防止運動~住宅地の農薬

Blog カナリヤの声

 空気弱者には受難の農薬散布の季節になりました。住宅地の農薬使用.jpg当会は設立以来、「住宅地の農薬危害」の予防を呼び掛けて10年近く経過しましたが、未だに周知徹底されていない連絡もあります。当初、相談を重ねていた京都府の担当部署が、啓発用リーフレットの京都府版を印刷して府下の自治体に配布して下さり、幸先の良いスタートができました。しかし、市民には届いていない例により、住民組織の回覧板で知らせる等の周知徹底を願ってきました。その後、「市民だより」や「ホームページ」等で知らせる自治体も出始め、全域の取り組みに期待しています。 例年通りですが、農水省発‐平成29年度農薬危害防止運動資料より、住宅地の農薬に関して、要約でお知らせします。農林水産省は、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、厚生労働省、環境省等と共同で、6月1日から8月31日まで「農薬危害防止運動」を実施すると各都道府県に通知しています。「住宅地等における農薬使用について」
学校、公園、街路樹及び住宅地に近接する農地等において農薬を使用するときは、農薬の飛散を原因とする住民等の健康被害が生じないようにすることが必要です。 リーフレット:「農薬飛散による被害の発生を防ぐために」の注告より、 このような所で、周囲を気にせず 農薬を散布していませんか?注:農薬には、作物や樹木に発生する病害虫の防除を目的に散布するものの他に、ガーデニングや家庭菜園用のスプレー式の殺虫剤や殺菌剤、芝生等の雑草対策で使用する除草剤なども含まれます。*被害が発生した場合の相談窓口も案内されています。京都府の相談窓口農林水産部食の安心・安全推進課
075-414-5655 各広域振興局農林商工部企画調整室京都府農薬危害防止運動の実施についてhttp://www.pref.kyoto.jp/shokupro/1212112014985.html参考資料「平成29年度 農薬危害防止運動」の実施について」http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/170426.html「住宅地等における農薬使用について」
http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/jutakuti/index.htmlリーフレット「農薬飛散による被害の発生を防ぐために」より、http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/jutakuti/pdf/ri_huretto.pdf