小暑の七夕は猛暑と大雨に

Blog カナリヤの声

 昨夜、一週間ぶりに京都に帰ってきました。
 滞在先のテレビで都議選や九州北部に集中豪雨のニュースを視聴して、被害がこれ以上にならないようにと無事を願いながら迎えた今日は七夕でした。7月7日は、二十四節気の「小暑」です。

 暦のうえでは暑気に入り、蒸し暑さを感じる頃ですが、今日は朝から真夏日の暑さで、午後3時頃から曇りはじめて4時前に雷の音がした後、真っ暗になってザーと大雨が降りました。出かけようとした直前の急変に、気象庁の天気予測サイト高解像度降水ナウキャストを開いて60分先の予測を確認しながら待ちました。自宅から逃げるしかない空気汚染の発生も実況情報が得られる日が来ることを願いつつ。7月7日 京都市の気温 最高気温(℃) 33.2
(14:32) 
 曇のち雨雨雲レーダーS.jpg 16:00~17:00 降水量 10.0mm
空の急変を察知した時は、気象庁の予測情報が頼りになります。現在発生地と雨風雷の動きと強さが3時間前から1時間後まで動画で確認することができます。参考 : 気象庁天気予測 高解像度降水ナウキャストhttp://www.jma.go.jp/jp/highresorad/ 京都府 京都の天気概況と詳細データ 
https://tenki.jp/forecast/6/29/