7/8 京都市内で大雨・洪水警報

Blog カナリヤの声

一昨日夕方の大雨に続いて、昨日も午後から曇り始めると、昨日より大きな雷の音が鳴り響きました。4時頃から暗くなって30分後にザーッと大雨が降り出すと、瀧のような雨の音、窓ガラスにも勢いよく叩きつける音と雷が異常に大きくなりました。
 九州の豪雨災害と被災状況を想うほど、これは危険レベルかとパソコンで確認すると、京都市16時33分[発表] 大雨(土砂災害、浸水害),洪水警報、雷注意報が出ていました。
京都市警報S.jpgナウキャスト京都市S.jpg気象庁の天気予測サイト高解像度降水ナウキャストで30分先、1時間先の予測を見ると雨は続く気配と察して外出は諦めました。 07月08日(土)京都市の最高気温35°降水量17:00~19;00 32(mm/h)そして、今日は朝からどんより曇り空でしたが、昼過ぎから出かけました。また、夕方から暗くなって5時前から降り始めて、ザーと強く降る3日続きの大雨になりました。地震と大雨の災害は足元から住宅まで根こそぎの被害となって、日本中のどこでも発生することを強く感じるこの頃です。
 年中、室内への空気汚染による人災でも、逃げ出す先を考えて週間天気と今日、明日の気象予測を確認していますが、自然災害は発生前の雲行きと風など空の状況を目と感度で覚えながら、イザという時の備えも災害ごとに考えなければと思います。<参考>平成29年 7月 8日16時33分 京都地方気象台発表 http://www.jma.go.jp/jp/warn/2610000.html京都市 [発表]大雨(土砂災害、浸水害),洪水警報 [継続]雷注意報http://www.jma.go.jp/jp/highresorad/気象庁 天気予測サイト 高解像度降水ナウキャストhttp://www.jma.go.jp/jp/highresorad/