肺がん患者の「職場で受動喫煙」

Blog カナリヤの声

職場の受動喫煙は長時間・長期に亘る深刻な被害にも関らず、現行法では受動喫煙防止対策は事業者の努力義務とされ、改善を求めても実現しなければ退職を余儀なくされます。日本肺がん患者連絡会は、働いている肺がん患者のおよそ3人に1人が、職場で他人のたばこの煙にさらされる受動喫煙の被害に遭っているとのアンケート結果をまとめ、世界肺癌学会議で発表する記事が出ました。?働く肺がん患者3人に1人「職場で受動喫煙」 2017年10月16日 毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20171016/k00/00m/040/117000c?【STOP!受動喫煙】 肺がん患者へのアンケートとメッセージ公開! [公開日]2017.06.08 がん情報サイト「オンコロ」 https://oncolo.jp/blog/stop-passive_smoking   日本肺がん患者連絡会、患者会サミットが呼びかけた「受動喫煙のアンケート」を紹介します。