マンションで受動喫煙被害に遭ったら

Blog カナリヤの声

集合住宅の近隣からのタバコの煙が室内に入ってきて健康被害で困っている。 どうすればいいのかと、当会にメールや手紙でお問い合わせをいただいた際に、 下記の国民生活センターの案内と受動喫煙症の診断医をお知らせしています。?京都市で受動喫煙症の診断医は京都博愛会病院内科の栗岡 成人 医師です。(診療日:水曜午前・第2第3土曜午前) 受付時間:8:30~11:30  京都市北区上賀茂けし山1  電話:075-781-1131  https://www.kyoto-hakuaikai.or.jp/日本禁煙学会認定 受動喫煙症の診断可能な医療機関 http://www.jstc.or.jp/modules/diagnosis/index.php?content_id=4 ?国民生活センター 暮らしの法律 Q&A マンションで受動喫煙の被害にあったら? DSCN9406SS.jpgQ:マンションの隣室の人がベランダや通路でたばこを吸っています。流れてくるたばこの煙を吸うと気分が悪くなるので、喫煙をやめてもらう方法はあるのでしょうか?A:受動喫煙の被害にあっている人は、まず、集合住宅の使用細則にベランダ等の共用部分における喫煙に関する規約があるか確認して、共用部分における喫煙を制限する取り決めがある場合は、これに基づき、管理組合から喫煙を控えるよう働きかけてもらうことができるでしょう。 共用部分における喫煙を制限する取り決めがない、また、あっても、喫煙者が従わない場合であっても、受動喫煙者が、喫煙者に対し、不法行為(人格権侵害)に基づく損害賠償請求やそれを根拠とする喫煙行為の差止請求を行うことが考えられます。http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201604_15.pdf<参考>ベランダ喫煙を違法と認定 判決 名古屋地裁 平成24年12月13日 受動喫煙の相談に応じる弁護士のHP 判決文 

http://www015.upp.so-net.ne.jp/k4227419/page026.html