冷え込む晩秋に~明日から師走

Blog カナリヤの声

ブログの原稿を溜めたまま、アップできずに11月も最後の日になってしまいました。 後付けになりますが、追って、記載します。取り急ぎ、当ブログを閲覧下さった方からの相談内容の参考までに、筆者の状況をお知らせすることにして直近の記録を記載しました。
今回のお問合わせは、集合住宅の管理怠慢により発生した被害について、申告した居住者が「管理会社と管理組合」による排除の行為を訴えるに当っての相談です。当会は、「住宅、学校、職場の安全」を願って生活環境の空気質保全活動をしています。その中でも、特に生活の基盤となる住宅がタバコや揮発剤等の侵入空気汚染に脅かされている実態を捉えて空気質の安全と健康被害の予防を啓発しています。 見えない空気汚染は証拠がないので解決は困難であり、申告すると逆にタバコや消臭剤、殺虫剤などで追われるなど住宅組織が関わることもあるようです。 証拠のない被害には弁護士も対応してくれませんが、ご相談内容の文面では、加害者を特定できる証拠があって弁護士が受任されたとのことですから、解決に向けて期待できると思います。

 残念ながら当会では対応できない旨をご連絡先のファックス番号に送信しましたが届かずでした。お返事に代えて、ご参考までに集合住宅における室内への空気汚染の実態を掲載しますのでご覧いただければ幸いです。