薬より先に毎日の食べ物で免疫力を

Blog カナリヤの声

有害物質に曝されて苦痛の症状に耐え難い時、先ずは、その場から離れることが一番ですが、居住の場で起きる受難は繰り返しとなり,次第に体力も免疫力も低下します。 受診したとしても投薬で回復することは難しく、食事の工夫で少しでも体力を維持することが肝心かとご参考までにお知らせします。旬の野菜、果物、しょうが、玉ねぎ、にんにく、レンコン、ニラ、ネギ、味噌、納豆、キムチほか発酵食品と豆腐、魚、少量の肉などで塩分、砂糖を控えた煮物を主に、海藻類と小魚、ナッツ類、小豆餡、チョコレート、紅茶、抹茶、そば茶、あまざけ等の間食を組み合わせた抗酸化食品の食事です。抗酸化物質は野菜、果物、穀物、卵、肉、マメ、木の実などの食品に多量に含まれています。年末は特に一年の疲れも回復できるように鍋物や根菜類を美味しく調理した食事で体を温めて免疫力を高め、健やかなお正月をお迎え下さい。<参考>http://www.shokusan.or.jp/association/project/function/H20report3.pdf 「食品素材・成分の抗酸化性」 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構https://ja.wikipedia.org/wiki/ 抗酸化物質
食品中の抗酸化物質<食材、食事の一例> ブロッコリー、カボチャ、青菜、山芋、生玉ねぎスライスに果物などDSCN1359S.jpgDSCN1992S.jpgDSCN1029S.jpgDSCN1948S.jpg DSCN1936S.jpgDSCN1979S.jpg 逃げ出す時も玄米に梅干の弁当とイチジクなどDSCN9339S.jpg無農薬の抹茶と砂糖控えめの和菓子 喉が痛くて全身疲労にチョコレートDSCN2167S.jpgDSCN1937S.jpg
有機カカオに控えめの有機砂糖を使用したカカオ70%のチョコとアーモンド 
疲れた時は「米と麹だけ」で作られたあまざけに生姜を入れて温めて飲むと暫し治まります。 
DSCN1942S.jpgDSCN2114S.jpg
使用されている添加物に注意を