日本のネオニコ農薬使用量は断トツ

Blog カナリヤの声

先月末にお送りした会誌2号の記事(10/8ブログ)「蜂蜜75%にネオニコ系農薬」について、山室真澄 教授から、コメントと論文(原文)を添付でお送り下さっていました。そして、更に調べて下さり、日本のネオニコチノイド使用量は世界で最も高いランクであるとお知らせ下さいました。東北から沖縄の9都県で集めた73サンプル全てにネオニコチノイド農薬が検出され、最高濃度は351ng/gであった。Science論文の図では>日本の濃度は10ng/gと書かれていたが、その30倍以上の値が出ているということです。内容は、教授のブログで閲覧できます。Limnology 水から環境を考える http://d.hatena.ne.jp/Limnology/<参考>◆蜂蜜やミツバチ、広がる農薬汚染 9都県で検出
2017/8/28
日経新聞https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H21_Y7A820C1CR0000/◆ネオニコチノイド系農薬の使用禁止に関する意見書

2017年(平成29年)12月21日 日本弁護士連合会https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/2017/opinion_171221_2.pdf