居住の権利~居住に対する法的保護

Blog カナリヤの声

居住の権利とは、すべての人間は適切な住居に居住することができる、という権利である。主に社会権に属する。https://ja.wikipedia.org/日本法における居住の権利居住の権利は、生存権を定めた日本国憲法第25条の具体化である生活保護制度の中で、住宅扶助という形で保障されている。「適切な住居」とは1991年に出された、社会権規約委員会による居住に関する権利についての一般的意見4号[4]は、その住居が「適切な住居」と言えるための一般的な条件を挙げている。居住に対する法的保護(強制立退きや嫌がらせ及びその他の脅威からの保護があること) しかし、権利はあっても被害の証明ができなければ保護されることなく脅かされ続けるのです。<参考>平成29年における「人権侵犯事件」の状況について(概要) ~法務省の人権擁護機関の取組~http://www.moj.go.jp/content/001253506.pdf法務省の人権侵犯事件数より、住居・生活の安全関係事案は2,909件(対前年比18.9%増加)で,全事件数の14.9%を占めている。このうち,相隣間における騒音等の相隣関係から生じる事件の割合が47.0%(1,367件)を占めている。