いつもポケットに「人権パスポート」を

Blog カナリヤの声

室内への空気汚染に苦しむ私たちが声を上げることも、妨げられないことも人権として保護されると解釈できる条文と共にお知らせします。「人権パスポート」とは?
http://www.amnesty.or.jp/ 国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル日本」の案内より 人権パスポートSS.jpg世界人権宣言をベルギーの画家フォロンのイラスト&谷川俊太郎さんのやさしい日本語でわかりやすくまとめた「人権パスポート」に記された世界人権宣言30条は、自分を守ることと同様に、自分以外の人の尊厳や価値を重んじることの大切さを教えてくれます。 
(一冊100円)。いつもポケットに世界人権宣言を!「人権パスポート」を持ち歩こう。 人権について考える3つのステップ 1.私たちの生活を支えている「人権」と「権利」 権利S.jpg2.人権。それは私たちの手で作っていくもの 3.世界人権宣言ってなんだろう? 
 人権パスポートより 第30条: 「権利を奪う権利はない」 
http://www.amnesty.or.jp/human-rights/what_is_human_rights/udhr.html世界人権宣言 条文より第1条

すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。第3条

すべて人は、生命、自由及び身体の安全に対する権利を有する。第5条

何人も、拷問又は残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはない。第12条

何人も、自己の私事、家族、家庭若しくは通信に対して、ほしいままに干渉され、又は名誉及び信用に対して攻撃を受けることはない。人はすべて、このような干渉又は攻撃に対して法の保護を受ける権利を有する。第30条

この宣言のいかなる規定も、いずれかの国、集団又は個人に対して、この宣言に掲げる権利及び自由の破壊を目的とする活動に従事し、又はそのような目的を有する行為を行う権利を認めるものと解釈してはならない。注:「ほしいままに」とは 
https://dictionary.goo.ne.jp/より

勝手に思いのままに振る舞うさま。「-の悪業」「権力を―にする」