「権利を奪う権利はない」 

Blog カナリヤの声

 
世界人権宣言 第30条 「権利を奪う権利はない」 より 「受動喫煙により、人が健康に生きる権利も命も奪う人権侵害の事実を前に、望まない煙を吸わせる喫煙の権利はない」と解釈できます。日本の法律でも制限された判例が出ています。(参照:東京都医師会タバコ対策委員会 Q&A P28)https://www.tokyo.med.or.jp/wp-content/themes/tokyomed/tobacco/docs/no_smokingQandA.pdf【喫煙の自由に対する制限 最高裁判決昭和45年9月16日】たばこによる健康被害や依存性が科学的に証明された今日では、他人の生命や身体、健康を侵害する場合、喫煙の自由は制限される必要があると解釈されています。