列島各地で大雨~特別警報

Blog カナリヤの声

各地で河川氾濫や土砂崩れで多数の死傷者、安否不明に7月5日から降り始めた大雨は記録的な豪雨となり、九州から近畿にかけて断続的に猛烈に降り続けました。この雨は各地で観測史上最大の雨量を記録し、数十年に一度の重大な災害として、気象庁から「1府4県に大雨特別警報」発出により、「厳重な警戒を」呼びかける大水害となりました。京都市でも滝のような大雨が続きましたが、主要交通遮断で混乱と河川の増水、土砂崩れなどによる被害甚大に驚いています。被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げ、警報の出ている各地の皆様のご無事を祈っています。DSCN01052S.jpg気象庁は、広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県、京都府に発表している大雨の特別警報を継続し、数十年に一度の重大な災害として警戒を呼びかける大雨特別警報を発表しています。 土砂災害や川の氾濫などに最大級の警戒をするとともに、周囲の状況を確認しできるかぎり安全を確保するよう呼びかけています。 気象庁大雨特別警報 https://www.jma.go.jp/jp/warn/ <参考記事>「1府4県に大雨特別警報」最大級の警戒を 2018年7月7日 10時47分
NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/k10011517191000.html京都の主要交通遮断で混乱 記録的大雨、医師も出勤できず 2018/7/7(土) 8:25配信京都新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000092-kyt-l26