タバコ煙・残留煙に消臭剤の二次被害

Blog カナリヤの声

 住宅も施設もタバコ煙が増えて~消臭剤対策か先月、受動喫煙防止強化法案が成立する前から、道中の歩行喫煙や路上喫煙に出遭うことが多くなりました。店頭の喫煙所もコンビニだけでなく、コインランドリー前の道路に新たに喫煙スタンドを設置しているところも見かけます。DSCN9846S.jpgDSCN9840S.jpg 喫煙姿が見える場所は避けることができますが、煙の発生源が見えない住宅や施設における受動喫煙が長時間の危害となります。今夏の猛暑日に通った市民活動センターでも、タバコ煙・残留ガスを被り、苦痛を伝えると翌々日から消臭剤臭が強くなり、室内の空気質は更に苦痛となりました。
連日の猛暑日に来館者の姿もないフロアでパソコンを使用中、毎回、清掃員が現れただけの、いつもない状況下で痛く感知しました。呼吸器の粘膜損傷や頭痛を被るタバコ煙の毒性に消臭剤の成分が付加されると、苦痛は倍増することを施設管理の窓口に知らせましたが、改善の応答は得られず終えています。 消臭剤SS.jpg昨年、近隣住宅からの受動喫煙で健康被害が続く会員が軽減を願い出ると、タバコ臭に消臭剤、芳香剤を出し始めて二次被害による深刻な被害も届いています。安易に使用される消臭剤・芳香剤の成分について、下記のシステムで調べてみれば、目や鼻の喉の痛みに頭痛も起こすことが判ります。 施設で働く職員も被っていることを伝えていますが、症状が出なければ理解できないのでしょう。?芳香剤・消臭剤 / 身の回りの製品から検索 /  
化学物質情報ケミココ 環境省 化学物質情報検索システム.chemicoco http://www.chemicoco.go.jp/lifeitem5.html身の回りの製品 [芳香剤・消臭剤] 
芳香剤や消臭剤は、「家庭用品品質表示法」や「薬事法」の対象外であるため、製品表示に関する法的な規制はありません。?芳香・消臭・脱臭・防臭剤 安全確保マニュアル作成の手引きー厚労省http://www.nihs.go.jp/mhlw/chemical/katei/manu/boushuzai/boushuzai.pdf