高気温にタバコ燻煙で呼吸困難ほか

Blog カナリヤの声

筆者は先月半ばから室内の炎暑にタバコ燻ほか空気汚染による呼吸器損傷と眼痛、頭痛が極限となって、逃げ出した道中では何度も呼吸困難に至っていました。8月初旬から3日間外泊して戻ると、また水道管の工事と断水予告により避難移動を繰り返しています。 この間、動けなくなる異常事態も発生しましたが、その症状は室内に漏入するタバコ紛いの燻蒸剤によることが解りました。移動先でも同様に、近隣は居住生活の音もなく長時間のタバコ燻煙と殺虫燻蒸を繰り返し、呼吸器損傷、眼痛、頭痛のほかに耐え難い胃痛と上腹部痛が続きました。これらの症状は、これまで春秋にも起きていることなので熱中症ではないと判断しています。詳細は別途にお知らせしたいと予定しています。