命にかかわる危険な暑さ続く

Blog カナリヤの声

東日本と西日本の猛烈な残暑は、命にかかわる危険な残暑となっていると報道されています。午後から気温はさらに上がり、日中の予想最高気温は熊谷で39℃、前橋、甲府で38℃、東京、岐阜、京都、鳥取、福岡で37℃など内陸部地域の気温が高く、明日も続く予報に熱中症の予防を呼び掛けています。東も西も夏の高気圧に覆われて、27日にかけて夜になっても気温は下がらず、20180826全国の気温図 気象庁S.jpg室内でも1日を通して冷房を使い、小まめに水分補給をするなど、熱中症には厳重な警戒を続けてくださいという案内ですが、、、 筆者は京都市で37℃も39℃の日も冷房無しで窓を開けっ放して熱風の吹く扇風機で過ごしています。扇風機の風にタバコ燻煙ほか揮散剤が舞い上がり、眼も鼻も喉も炎症痛と咳に頭痛で極限まで我慢して外に出ることにしています。
この先も猛暑は続くようです。くれぐれもお気を付けて、ご無事を祈っています。https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/kouon/t_maxmin.html気象庁 全国:日中の最高気温(8月26日)<参考記事>【週間天気】夏の暑さが復活 新たな台風発生の可能性も 2018/08/2304:59 ウェザーニュースhttps://weathernews.jp/s/topics/201808/220135/yn.html週末以降は暑さが復活~新たな台風発生の可能性西日本~東日本では、南からの湿った空気の影響で週末25日(土)以降は暑さが復活する見込みです。