北海道地震から一週間

Blog カナリヤの声

最大震度7を記録した「北海道胆振東部地震」が発生してから13日で一週間が経過しました。地震の発生直後に起きた激震地の土砂崩れと道内を襲った全域停電は、台風21号の大災害に続くこれまでにない甚大な災害となり、被害の実態を知らせる報道から、今後はどこでも起きる予感に慄きました。被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 また、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆さまに心よりお悔やみ申し上げます。 想像を絶する被害の実態と、その後も続く余震への不安や困難な生活は如何ばかりかと心が痛みます。大規模な土砂崩れが起きた厚真町などでは、いまだ停電や断水が続いていると報じられています。北海道庁のまとめでは、死者は厚真町など5市町で計41人となり、12日現在の負傷者は681人。避難者は8市町の1592人。建物被害は327棟以上で、165戸で停電している。浄水場が被災した厚真町など5市町では、約4950戸が断水している。 間もなく冷え込みが厳しくなる被災地の皆さまに一日も早い復旧と安心して過ごせる日が訪れますよう祈っています。<参考記事>避難生活、なお1592人…北海道地震1週間 2018年09月12日 23時30分 読売新聞https://www.yomiuri.co.jp/national/20180912-OYT1T50142.html電力復旧、時間との闘い=冬場への対応が課題―北海道地震1週間2018/9/12(水) 17:44配信時事通信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000095-jij-bus_all「どこでも直下型地震は起こりうる」首都圏ブラックアウトの恐怖を専門家が警告2018/9/9(日) 11:11配信 AERA dot. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180909-00000012-sasahi-soci台風21号、住宅被害は1千棟超に 停電31万戸で続く
2018/9/5(水) 23:49配信朝日新聞デジタル

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000116-asahi-soci