ほっと一息~真如堂で回復

Blog カナリヤの声

真如堂詣では毎年、春と秋に通い始めて12年目の昨年から坂道も階段も困難となり、暫くぶりに訪ねました。やっぱり、真如堂です。

白川通から入る坂道で息が切れ呼吸困難で何度も立ち止まって、また階段前で止まって、やっとのことでしたが、お堂から塔を眺めていると、心のふるさとのようにほっとします。

 

 

 

~ くろ谷 金戒光明寺でタバコの煙に ~

帰りは、いつも吉田山を降りて百万遍に出るところ、近くの浄土宗大本山・くろ谷 金戒光明寺へ向かいました。

北門から入って正面に出ると、タバコの煙を強く感知しました。すぐ前に喫煙スタンドがあり、二人が喫煙中でした。

逃げ出すにも50段ほどの高い階段しかないのです。手摺がついていたので何とか降りられましたが、下から聳えるような大寺院を眺めて「合理的配慮」を祈願しました。

この日も、朝から自宅に侵入するタバコ燻しの合間にガソリン燃焼臭ほか不明の焼け焦げ臭や粉粒子状物質の飛散が加わり、激しい頭痛と眼も呼吸器も痛くて居たたまれず、午後から出かけた記録です。