日本の児童虐待頻発に 国連勧告

ニュース・報道

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201902/CK2019020802000153.html

国連、子ども虐待で対日勧告 刑事責任追及など要請

2019年2月8日 東京新聞   記事より

国連の子どもの権利委員会は、日本で子どもへの虐待がなどの暴力が高い頻度で報告されていることに懸念を示し、日本政府に対応を強化するよう勧告。虐待への対応について、事案の調査と、加害者に対する厳格な刑事責任追及を要請し、子どもが虐待被害を訴えやすいシステムが必要だと指摘しています。

【関連記事】

児童の虐待頻発に国連委も懸念 日本に対応強化勧告

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000147197.html

国連子どもの権利委員会、勧告の内容は?

出典:共同通信 2/7 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000192-kyodonews-soci

“虐待”の実態、行政の“不手際” 次々明らかに

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190207-00000051-ann-soci


NHKあさイチで「受動喫煙」特集

Blog カナリヤの声ニュース・報道化学物質関連ニュース

産業医科大学 大和浩 教授からのメルマガでお知らせです。

NHK「あさイチ」で特集「受動喫煙 どう減らす?」番組の紹介3月19日、来週の月曜日8時15分から放送です。大阪大学の祖父江先生、小児科で受動喫煙に取り組んでいる井埜先生、京都の稲本先生、大和先生も出演されます。

FAX(03-3481-0099)と番組ホームページによる質問も受け付けるそうです。以下は予告編です。http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180319/1.html本人がたばこを吸わなくても、他人のたばこの煙にさらされる「受動喫煙」。本当に健康に及ぼす影響をご存じですか?厚生労働省の報告(2016年)によると、肺がん、心疾患、脳卒中の死亡者のうち、受動喫煙が原因と見られる死亡者は1万5千人にのぼると推計されています。また、死に至る病でなくとも、受動喫煙から化学物質過敏症になり特定の化学物質に対して、頭痛やめまいを起こすなど日常生活に支障をきたす人も増えています。受動喫煙による健康被害について詳しくお伝えします。もちろん、受動喫煙を避けたいのはやまやまですが、喫煙者に「やめて欲しい」と伝えるのは難しいもの。ましてやご近所さんだったら、気まずくなるのも心配です。波風立てずに伝える方法もお伝えします。