有害物質SOS
京都カナリヤ会・・・有害物質による健康被害者の支援と予防活動を推進する市民の会
活動報告
イベント・講演会 > 共催イベント「レイチェル・カーソン関西セミナー」

共催イベント「レイチェル・カーソン関西セミナー」

日時 2008年11月8日(土)13時30分〜16時
場所 せいきょう会館会議室 (京都市中京区烏丸夷川)

矢印プログラム内容
講演 「ビスフェノールAの安全性評価をめぐって ― 脳形成への影響の観点から」
伏木信次さん (京都府立医科大学大学院医学研究科 教授)

主催 レイチェル・カーソン日本協会関西フォーラム
共催 京都カナリヤ会


<講演趣旨>
今回のセミナーでは、環境ホルモン物質としてリストアップされたビスフェノール Aの安全性評価があらためて行われようとしていることについ て、考えることにします。
ビスフェノールA
ビスフェノールAは、食器やほ乳瓶などに使われてきたポリカ ーボネート樹脂に添加されてきたもので、加熱時に溶出し、人 体に影響があるのではないかと心配されてきたものです。

なぜこの時期にビスフェノールAの安全性評価が行われるのか 、どのような角度からの見直しがされようとしているのかにつ いて考える機会にしたいと思います。
footer