多数の人が集う社寺に喫煙所は

Blog カナリヤの声

 タバコは殺虫剤にも使われてきた「殺生剤」でもあり、どの宗教でも喫煙は否定されているようです。

全国の社寺も喫煙所を設置しているのでしょうか。                           (二条城の喫煙所) ↓
 京都では、観光客が多数の大寺院で敷地内に喫煙所が設置されています。今年の5月、世界遺産の二条城に出かけて驚きました。平日で小学校の遠足や中高生の修学旅行の団体が多く入場していました。

入場した時には気づかず、奥の方を回っていると目鼻喉、肺に痛く後頭痛が起きてタバコ煙ガスだと察知しました。 喫煙姿は確認できないまま入口に戻ると手前に開放型の喫煙所があり、複数の喫煙中を確認しました。                                 すぐ傍の管理事務所を訪ね、呼吸器疾患の人も子どもたちも入場しています。タバコの煙が敷地内に拡散していますので対策をお願いしますと届けました。

毎年5月に開催される京都禁煙推進研究会主催、京都府、京都市共催「世界禁煙デー」の舞台となる高台寺も、筆者は初めて参加した年からタバコ煙を感知して、蚊取り線香か殺虫燻煙剤を使用中ですかと尋ねていました。3度目から参加せずに「人の行き交う平地で開催を」申請してきましたが、最近になって高台寺にも喫煙所が設置されていたことを知りました。
観光客多数が訪れる世界遺産ほか社寺仏閣に喫煙所の設置は、火災予防と喫煙者へのおもてなしに徹する京都市の分煙対策と捉える記事と、受動喫煙防止への宗教界の取り組みを比べて改正健康増進法を考えてみました。

社寺仏閣は多数が集まる施設であっても、健康増進法第25条の対象から除外されているのは何故でしょう。

健康増進法第25条の対象となる施設一覧よりhttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kensui/kitsuen/japan/lawnotice.html

京都市のおもてなし精神 寺社の景観損なわぬ喫煙所にも反映
2015/12/18 NEWSポストセブン』  https://ironna.jp/media/10

当会会報15号 P19 「すこやかに生きるこつ ~食事・禁煙・AED~」
とげぬき地蔵尊高岩寺住職・医師 来馬明規 医僧
https://kyotokanariya.com/katsudou-houkoku/bulletin-015-2015summer.pdf

受動喫煙防止対策 宗教界の取り組みは
2017年2月15日付 中外日報(深層ワイド)
http://www.chugainippoh.co.jp/rensai/shinsou/20170215-001.html