海の微小プラごみ すでに人体で検出

微小プラ すでに人体で検出  2019/2/19  朝日新聞デジタル 記事より

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6314408

微小プラ、すでに人体に 貝からも検出 健康への影響は

海に流れ出たプラスチックごみが砕けた微小な粒「マイクロプラスチック」。有害な化学物質を吸着しやすく、生態系への影響が懸念されている。海の生きものだけでなく、すでに人間の暮らしに深く入り込んでいる。

写真 たばこのプラスチック包装を取り込んだクラゲ。地中海で見つかった。

人間の口に入るものから、マイクロプラスチックが検出される例が相次いでいる。

<参考>

東京農工大学では1988年の検査で有害物質を検出、その後の調査により、海洋プラスチックは海水中から有害化学物質成分(PCBs) 添加剤(Bisphenol A)を吸着して海洋汚染と生態系に影響を及ぼしていると研究結果を発表しています。人が摂取する魚類や海産物もこの微小プラを吸収していれば、食物連鎖は既に始まっていたと考えられます。

気象庁の観測 https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/pollution/archive/d_1/floatpol/result_flp.html

海面浮遊汚染物質(プラスチック類)の観測結果 気象庁          

北西太平洋で観測された海面浮遊汚染物質の分布

気象庁では、海面浮遊汚染物質(プラスチック類)を発泡スチロール、漁具類、 薄膜状プラスチック及びその他プラスチック類に分類して観測を行っています (海洋汚染の観測)。2001年から2010年の10年間の平均では、 発泡スチロールが最も多く5割を超え、以下、漁具類、その他プラスチック類、薄膜状プラスチックとなっており、 年ごと、海域ごとにあまり大きな違いはありません。 グラフ海面浮遊汚染物質(プラスチック類)の内訳(2001~2010年)