豊洲市場 高濃度の有害重金属

当会会報16号に寄稿いただきました東京農工大の渡辺泉教授が分析された結果の記事です。他にも全国各地で土壌汚染が判明する度に、生体への影響が懸念されます。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6316852

豊洲市場 高濃度の有害重金属   2019/3/12  毎日新聞 記事より

豊洲市場の粉じんから高濃度の重金属 タイヤ・路面がすり減り滞留か

豊洲市場(東京都江東区)で採取された粉じんから、有害な重金属が高濃度で検出されたことが、東京農工大の渡辺泉教授(環境資源学)の分析で判明した。渡辺教授は、水産仲卸売場棟4階の駐車場脇で昨年12月に採取された粉じんを分析。それによると、安いタイヤに多く含まれるアンチモンの濃度は一般道の粉じんと比べて8.1倍、路盤材などからも出るカドミウムは4.8倍だった。取材に対し「市場内で働く人たちへの影響が懸念される」と述べた。

<参考>  豊洲市場の土壌汚染   https://ja.wikipedia.org/wiki より

移転先予定地(豊洲)は東京ガスの施設が立地していた土地で、土壌汚染が発覚した。国の環境基準を大きく上回る有害物質が地中から検出された。鉛、ヒ素、六価クロム、シアン、水銀、ベンゼンの6種類が国の環境基準を超えており、発癌性物質であるベンゼンにいたっては局地的ではあるが、国の基準の43,000倍である。

https://www.asahi.com/articles/ASLCM654ZLCMUTIL03H.html

豊洲市場、地下水から環境基準140倍のベンゼン検出  2018年11月19日 朝日新聞デジタル

http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0015c.html

ベンゼン毒性  国際化学物質安全性カード

https://ja.wikipedia.org/wiki/ ベンゼン