『いのちと汚染と重金属』

Blog カナリヤの声

環境毒性学『いのちと汚染と重金属』に学ぶ

「豊洲市場 高濃度の有害重金属」―東京農工大学 環境汚染解析分野の渡邊泉 教授が分析された結果と警告の記事を読んで、このような研究者の存在を有難く思いました。

当会は2015年に渡邊 泉 教授に寄稿を願い、会報16号に『いのちと汚染と重金属』~忘れられる地上最大の汚染~を掲載し学ぶことができました。その際に戴きました図表と共に、化学物質と人類が共存するために何が必要かを問う渡邊教授の研究テーマと著書を改めて紹介します。

土壌汚染は空気・土・水を汚染します。植物、農作物がこれを吸収・蓄積すると人体に取り込む危険性があります。栽培時に重金属を高濃度に蓄積するタバコはその例です。

<参考>                                   

『環境毒性学(編著)』渡邉泉・久野勝治 編  2011年3月 発行 朝倉書店

『いのちと汚染と重金属』 渡邊 泉 著  2012年6月発行 本の泉社

 

 

図表:「身の回りで使われている重金属と毒性」と「我が国の土壌汚染」

 

 

 

 

 

 

https://web.tuat.ac.jp/~enrs/Pollution.html

東京農工大学 環境資源科学科 環境汚染解析分野の目的

・化学物質と人類が共存するための環境もモニタリングの手法を考える

・汚染物質を正確に測ることが環境浄化を考える第一歩

・化学物質と人類が共存するために環境側からの監視が必要