「きれいな空気」プロジェクト

■ 空気質向上キャンペーンとは?
キャンペーンの背景:
きれいな空気は、人間の健康にとって最も基本的な要素の1つです。

現在、世界中で1日あたり8000人(年間で約300万人)の人々が大気や室内の空気汚染によって死亡していると言われています。
またWHO(世界保健機関)は、この年間約300万人の死亡者のうち、280万人は【 室内の空気汚染 】が原因で死亡していると試算しています。

私たちが生活の半分以上を過ごす住宅室内の空気や、多様な生態系で構成される地球の大気において、汚染のない快適な空気を得るために、私たちは何をするべきか、社会全体で考える必要があります。

活動趣旨と内容:
京都カナリヤ会の2010年度事業では、健康や環境に悪影響を与えない安全な空気質への認識を広めることを目指して、京都を中心に以下の活動を行っています。

1. 専門家の対談・講話を収録したラジオ講座の放送
2. 空気質管理に優れた施設の推薦公募と表彰活動
3. 私たちの生活環境の保全に向けた啓発活動

■ ラジオ講座
キャンペーンの一環として、安全な空気質の重要性を多くの方に知っていただけるよう、各大学の専門家による対談・講話を収録したラジオ講座を制作し、放送しました。(各回30分、全3回 / 京都三条ラジオカフェ・FM79.7MHz)
本放送は終了していますが、ラジオ局の番組アーカイブから、すべての放送内容がお聞きいただけます。
ラジオ講座の放送日程は、以下のとおりです。

(※講座名をクリックすると、京都三条ラジオカフェの番組アーカイブが開きます)

第1回 「住宅の室内空気質について」
2010年9月19日 9:30-10:00 放送
【ゲスト】近畿大学医学部講師 東賢一さん

第2回 「学校と職場の空気質について」
2010年10月18日 9:30-10:00 放送
【ゲスト】京都大学名誉教授 内山巌雄 さん
【ゲスト】近畿大学医学部講師 東 賢一さん

第3回 「環境と生命について」~シックハウス症候群の体験を通じて~
2010年11月21日 9:30-10:00 放送
【ゲスト】京都大学基礎物理学研究所准教授 村瀬雅俊さん

■ 空気質の管理に優れた「きれいな空気の施設」の推薦公募と表彰
キャンペーン期間中(7月~11月)、京都市内の公共的施設で空気質管理に優れた施設の推薦を公募しました。
推薦をいただいた施設、および推薦のない京都市内の公的施設の一部に、私どもが巡回の上、「化学物質に感度の高い人にも安息可能な施設」として表彰し、公表させていただきました。

空気質管理に優れた施設には、表彰スタンド(右写真)を表示して頂いています。 表彰スタンド

第1回 表彰施設 (2010年11月21日発表)

1.「京都ガーデンホテル」(中京区室町御池)
京都市内で初めての全館全室禁煙のホテルです。

2.喫茶とレストラン「リプトン三条店」(中京区三条寺町)
ラジオカフェのすぐ近くです。私たちも講師との打ち合わせ場所にしました。

3.「まちの学び舎 ハルハウス」(北区紫野十二坊町)
元佛教大学の先生が主宰される財団法人の施設です。
朝6時から10時までは京雑炊を準備して開いておられます。

4.中華料理店 「美齢(めいりん)」(上京区黒門通)
京都市考古資料館近くの路地奥の、小さな隠れ家的中華料理店です。

5.あと一施設は公表しませんが、国立の施設です。

空気質に感度の高い人も安心して呼吸ができるきれいな空気の施設が更に増えることを願っています。
ご協力いただきました皆様に、感謝申し上げます。

施設の推薦は、引き続き、下記FAXまたはメールにて、受け付けております。
→ FAX: 075-344-0465
→ メール: メールフォーム
(FAX・メールとも、【推薦者様の氏名】、【推薦する施設名】、【1~2行の簡単な推薦文】をお書き添えください)

<施設例>
・役所、会館、図書館・駅 などの公共的施設
・ホテル・スーパーマーケット、レストランなど商業施設